異年齢保育

幼児(3歳児~5歳児)は友達との関わりの中で育ち、個々の成長も促されます。クラスの枠を外し、他の年齢と過ごす異年齢保育は生活のルールや知恵を自ら学び、様々な遊びを子ども同士で楽しみ、実体験の中から発見、喜び、工夫、思いやり、心遣いを子ども集団で築き、引き出していきます。
3歳児~5歳児の子どもを異年齢クラスとして4グループ編成します。グループを「家族」と考え、クラスで過ごすのではなく「家族」で暮らし、子ども達自身が自分達の生活を作り、子ども達と一緒に自分達の暮らしを作っていきます。

教えて学ぶ
教えることは、ただ学ぶことよりも、より確実に自分の力として学んでいきます。年齢の異なる子ども達の日常生活には、当然のことながら、このように教えて学ぶ営みが、しばしば繰り返されていきます。日常の食卓や遊びの場面で、お兄さん的、お姉さん的役割を自然な形で見ることができます。

魅力的な年長児
年下の子どもから見ると、年長児は体力的にも、知力的にも、道徳的にも魅力ある存在で、それは『手の届くところにある』もの。そんな年長児の姿を見て、「年長になったらできるようになる」「年長だから頼まれる手伝いや役割、遊び」がより魅力的に輝いて期待感も育っていきます。

その子らしさの発見
子どもを発達段階や個人差で見ると、発達のスピード差だけにとらわれてしまいます。発達基準に照らして、その子どもを見ると、同年齢が互いにライバルになってしまう可能性があります。しかし子ども達の関わり方を見ていると、それぞれの持ち味であるパーソナリティーのほうに自然と目が向けられ、意外な発見があります。異年齢保育の中で、埋もれていたその子らしさが発見できます。